賃貸物件特有の慣習要素が強いお金

賃貸物件に住むにあたって家賃を支払うのは当然にしても、契約時の礼金、更新時の更新料など、その性質がよく分からない費用も存在します。慣習と言ってしまえばそれまでですが、決して安い金額ではないだけに、借主にとっては納得できない部分があるでしょう。いずれにせよ、慣習などといってお金を請求するのは今の時代に合いません。借主に納得してもらって払ってもらうべきでしょう。 礼金とは、賃貸物件に入居するにあたって、家主さんにお礼として支払うお金です。お礼ですから戻ってきません。賃料の2か月分などが一般的です。しかしお礼とは本来気持ちでするもので、受け取る側が請求するものではありません。時代に即さないということで、少しずつなくなってきています。 更新料は、賃貸契約を更新する際に、借主が貸主に支払うお金です。もともとは、地価が上昇傾向にあった高度成長期に、毎月賃料を上げるのは煩雑であるため、更新料で調整したのが始まりとされています。しかし現在は地価は下落傾向にありますので、更新料を不当と考える動きもあります。 しかし借主側から見ると不当でも、貸主側にはまた別の言い分があるでしょう。賃貸物件は入居者が選べますので、礼金や更新料に納得できないなら、そういった物件を選ばなければ良いでしょう。

3139 6/4

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件特有の慣習要素が強いお金.